ブラジル 南ミナス州 ベラビスタ農園 イエローブルボン 樹上完熟 ナチュラル製法 2021年 ニュークロップ

980円(内税)

内容量
購入数
南ミナス州に位置するベラビスタ農園から、ブルボンアマレロ種 樹上完熟コーヒーがスポット入荷いたしました。
当店では初めて取り扱うドライオンツリー(樹上完熟)コーヒーとなります。
ミディアムやハイローストなどの浅煎り,中浅煎りでも美味しく召し上がっていただけますが、直火焙煎のフルシティロースト(中深煎り)をお勧めさせていただきます。
クリーンなアフターと、樹上完熟特有の甘味とワイニーフレーバー豊かなコーヒーに仕上がっています。
抽出温度は84℃前後をお勧めいたします。
コールドブリュー抽出でもおいしく召し上がっていただけます。
当店では数少ないダークローストのおすすめコーヒーです。

表示価格は200g入りの商品になります。
500g入り商品の価格はこちらからご確認ください。

以下取引先商社コメントを引用

ベラビスタ農園は1923年にリマ・レイス家により開園され、当初は放牧による生計を立ておりましたが、すぐにコーヒー栽培へと転身。
現在では3代目のアントニオさん(トニーさん)が引き継いでいます。430haにも及ぶ彼らのコーヒー農園では、環境に配慮した栽培方法を徹底し、各種認証を取得しています。
現在の農園主トニーさんは、先代から土地を受け継ぐ前にラブラス農業大学の農学者パウロ・デ・ソウサ教授に農学の一般的な知識技術、コーヒー栽培を徹底して学びました。1
964年に現在の妻イザベラさんと結婚、農園に住居を構え、子宝にも恵まれたトニーさんは、子供達が将来もこの農園を愛してくれるように自然を守り、動物を守り、水を守りながら農業をしようと決意しました。
今では自然豊かで動植物に溢れる農園となっています。
精選するための機械も新調し、ドライオンツリーの処理、パルプドナチュラルの加工も高い品質で生産しています。
3代に渡るコーヒー栽培の歴史と現在の栽培テクノロジーを駆使し南ミナスの中でも有数のサステイナブルな良質コーヒーを産出する農園となっています。