ブルーマウンテンNo.1 グリニッチマウンテン農園 200g 

3,000円(内税)

定価 8,000円(内税)

ローストレベル
豆の状態
購入数





エメラルドグリーンのカリブ海に浮かぶ西インド諸島の中で、3番目に大きな島
ジャマイカは、かつて「アンティル諸島の女王」と呼ばれ、1494年コロンブスに
よって発見されました。

それ以来、スペイン、イギリスの統治を受け1962年
完全に独立しました。

ジャマイカとは16世紀に絶滅した原住民、アラワクインディアンの言語(アラワク語)「XAYMACA」に由来し、「森と水の大地」を意味します。

この美しい自然の豊かな国にコーヒーが初めて持ち込まれたのは1728年、当時の
ニコラス・ロウズ総督により、フランス領マルチニーク島からと言われています。

昼は30度、夜は15度前後と気温差の激しいこの国の気候条件は、コーヒーの
栽培に極めて適しており、生産は急速に拡大しました。

また、そのコーヒー豆は、他に類を見ないほど調和が取れ、
芳醇なコクと甘い香りを醸し出します。
「世界の超一級品」と称されるに相応しいコーヒーです。

ブルーマウンテンの名称で取引するコーヒーはジャマイカの「コーヒー産業法」で
定めるブルーマウンテン地区で生産されます。

グリニッチマウンテン農園生産のブルーマウンテンは大粒(スクリーン19が90%以上)でハワイコナと同じティピカ品種のみで構成されています。

バランスがすばらしく、酸味はハワイコナの酸味をさらに洗練したようなまるで果実ジュースを飲んでいるかのような質のよい酸味を感じます。

価格もお求めになりやすいよう、限界まで抑えさせていただきました、是非この機会にお試しください。


おすすめローストはミディアムローストです。