グアテマラ エル・インヘルト農園 パタゴニア パカマラ ナチュラル 40g

1,080円(内税)

購入数

驚くほど華やかでコンプレックスなフレーバーを感じ、甘味の豊かなコーヒーに仕上がっています。
好気性発酵のナチュラルですが、嫌気性にも似たラムネの様な甘いナチュラルフレーバーを生豆から感じます。
パタゴニア区画パカマラの素晴らしいポテンシャルを是非ご賞味ください。
数量限定販売です、再入荷はございませんので、ご興味のあるお客様はお早目のご購入をおすすめします。

エルインヘルトの功績
今やスペシャルティーコーヒーの中で、最も有名な農園の1つであるEl Injerto。その名が世界の表舞台に出たのは、2002年のGuatemala Cup of Excellenceでした。
33農園のWinning farmの内、2品目がノミネートされ、一方はデビューでいきなり第三位の座を獲得しました。華やかさがありフローラルで類まれな風味を持ったこのコーヒーは、その後も世界中の人々を虜にし、2008年のCOEではついに一位を獲得、ポンド当たり$80.20は当時のGuatemala COEの最高取引価格を樹立しました。

この農園の初代オーナーはヘスス・アギーレ氏が農園を開始したのは1874年のことでした。彼はさとうきび、タバコ葉などの栽培から初め、1900年にコーヒーの栽培を開始しています。インヘルトとは、この地に自生していたフルーツから名前を採ったものです。現在はアギーレ氏の家系である3,4代目が1956年から農園管理にあたっており、名実共に世界随一のコーヒー農園としてその名を知られています。

インヘルトのパカマラ種
そんなパカマラですが、およそ25年前にアルトゥーロ・アギーレ氏によって植えられました。このパカマラは、当時エルサルバドルに直接買いに行ったそうです。当時は、パカマラの持つエキゾチックなフレーバーは、バイヤーには好まれず、これを買付け新植する農園は珍しがられたそうです。その為か、アギーレ氏が当時これを販売するのも非常に難しく、ブルボンと抱き合わせて販売したり、ディスカウントして販売したりしました。時代は移り変わるものだと、アルトゥーロ・アギーレ氏は当時を振り返って語ります。

パタゴニア区画
他のエリアに比べ比較的新しい農地区画で、インヘルトで最も標高の高い1750-1900mに位置するエリアです。新植した当初から、実験的に様々な品種を生産しており、パカマラだけでなくブルボンやゲイシャなども育て、様々な品種の特性を検証し、可能性を模索してきました。

オークションでブレイクを果たし有名になったパカマラの区画と言えば、パンドラ区画が有名です。パンドラ区画は、パカマラを育てた元々のエリアで、西向きの斜面に面し、彼らにとっては代表的で理想的な日射条件と語っており、今なおインヘルトのパカマラを代表する区画でもあります。
 そして、パタゴニア区画は、新植後の年数も経過し、当初よりもしっかりとフレーバーが乗っており、高地ならではの明るさや爽やかさを特徴的に感じる事ができるパカマラに仕上がっており、区画ごとの風味の多様性を感じてほしいと語ります。