コスタリカ モンテ・コペイ エル・アルコン農園 ビジャロボス ダブルウォッシュト 100g
CMEABWW01

1,080円(内税)

購入数

“Passion and Dedication”を合言葉に

2009年よりマイクロミルを開始したモンテ・コペイミル。30年以上のコーヒー生産のキャリアを持つ、エンリケ・ナヴァーロ氏は、2000年代前半は収穫したコーヒーを農協に収めていましたが、まだまだコーヒーへの支払いは芳しくなく、少しずつ生産量を広げながらも、家族を養う事でただただ精一杯だったと言います。そうした中で、子供たちには、勉強に励んでもらい、コーヒー生産以外の夢を持ってもらいたいと、どうにか収益体制を変える事ができないかとマイクロミルの設立に踏み切りました。しかし、パルピングマシンなどの設備投資やピッカーへの賃金など、マイクロミルが浸透するまでは、銀行からの融資も難しく、初年度の利益のほとんどは手元に残らなかったそうです。

そうした中でも、懸命に高品質なコーヒーがもたらす未来を信じ、土壌や生産処理を学び、2012年のCup of Excellenceにて見事に4位に輝きました。その後も2014年のCOE優勝を筆頭に、今ではドタを代表する名門農園の1つに数えられます。

そんな輝かしい実績の中でも、彼らは一切驕ることなく、創業当時から、”Passion and Dedication”(情熱と献身)をポリシーに、感動を与えられるように1年間懸命に農園に向き合っています。

素材を活かすダブルフリーウォッシュド

エル・アルコン農園のビジャロボスは、デリケートかつエレガントな風味が特徴で、力を注いでいる品種の1つです。繊細な風味ゆえに熟度、そしてクリーンである事が求められる品種でもあり、その甘さや風味を活かす為に用いたのがダブルフリーウォッシュドというプロセスでした。これは果肉とミューシレージを除去した後に、冷水に24時間浸す(ソーキング)プロセスの事で、非常に熟度の高いチェリーは、リムーバーを通してもミューシレージが取りきれないため、より均一に処理する事ができ、各風味が明確にセパレーションする利点があると言います。このプロセスは、豆そのままの風味に依存する為、熟度やピッキング精度が非常に重要で、ドライングに関してもパーチメントがソーキングによって薄くなるために、直射日光を防ぐ35度程度の室内に設置したアフリカンベッドの中で3週間以上のスロードライが必須になると言います。

こうして、細心のケアの中で生まれたコーヒーは、様々な風味が繊細に、そして明確にセパレーションしたモンテ・コペイならではのコーヒーに仕上がります。


おすすめローストはハイローストです。
兎に角クリーンです、何杯も欲しくなる心地の良いコーヒーに仕上がっています。
今まで味わったことのないほどの優しく滑らかな酸味と、心地よいフレーバーをぜひご賞味ください。
21年コスタリカ産銘柄で店主一押しです。
こちらの銘柄は増量キャンペーン対象外です。