コロンビア ラ・エスメラルダ農園 ロビンソン ピンクブルボン 200g 21年ニュークロップ入荷
COERPB200

1,780円(内税)

小分けオプション
購入数

良質なウォッシュトゲイシャのような豊かなジャスミンフレーバーを感じます。
非常に滑らかでジューシーな酸味が素晴らしく、昨年入荷のサンアグスティン農園や、ポルベニール農園を上回るコーヒーに仕上がっています。
とにかく秀逸なジャスミンフレーバーがトップノートからアフターティストまでのメインフレーバーを心地よく支配し、カモミールやストロウベリーなどのフルーツ系やフローラル系のフレーバーも感じます。
是非この素晴らしいコーヒーをお試しください、店主細川が自信をもっておすすめいたします。
おすすめローストはミディアムローストです。
こちらの銘柄は増量キャンペーン対象外です。




“独自の協業体制による農園管理
エスメラルダ農園の農園主であるロビンソン氏は、30歳を迎えたばかりの若き生産者です。農園は7年目を迎えますが、このエスメラルダ農園はロビンソンさんだけでなく数件の農家で協力して生産を行っている独自の協業体制を持った珍しい農園です。
彼らは、コーヒー以外にもアボカドや果物などいくつかの作物を収入源として、費用や利益を分配しながら、4Ha、16000本のコーヒーを協力して生産しています。
この協業体制がコーヒーの品質にもたらす大きな利点として、収穫ピッキングや果肉除去や発酵プロセス、乾燥工程など工程ごとに専任の担当を作る事ができ、ケアの行き届いたコーヒー生産を行う事ができ、より高品質なコーヒー生産を可能にすると言います。


品質とカップの相関関係
彼らが高品質なコーヒー生産を行っていく中で、重要に考えているのは、カッピングによる評価が、品質において何を意味するのか、その相関関係を意図する事か重要だと考えます。
例えば、均一な熟度でのピッキングが行われていない事は、クリーンカップを阻害し、各フレーバー項目の質感に影響を及ぼします。また、理想的な熟度を達成していないと、甘さの伴う華やかな風味特性を得る事ができません。
ミューシレージを除去する為の発酵工程が適正に行われていないと、欠点の発生だけでなく、程度が軽微でもサワーの様なフレーバーが現れ、風味に悪影響を及ぼします。
彼等はバイヤーやカッパーのフィードバックを常に重視しながら、こうした1つ1つのカップ評価と品質管理の相関関係を検証してきたと言います。
そうして出来上がったコーヒーが狙った風味や高いカップ評価を得ることで、メンバー全員のモチベーションアップにつながっていると言います。


Pink Bourbonプロジェクト
コロンビアのスペシャルティコーヒーに特化した輸出業者であるBanexport社。
彼等は設立以来、コーヒー産業にイノベーションを起こしたいと生産者の支援と技術・品質向上に長年取り組んでおり、数多くの生産処理や品種の研究をしてきました。
こうした流れを汲んで、カップクオリティが良く、付加価値の高いコーヒーの生産を手助けしようと始まったのがこのピンクブルボン・プロジェクトです。
このプロジェクトは、収穫までの3年間のサポートや収穫後通常のスペシャルティよりも高い買付価格の保証を約束する事で、カチモール系の生産性の高い品種を植える事からカップ評価の高い品種を生産する事にシフトしてほしいと願い、スタートを切りました(現在コロンビア全土では、約7割がカチモール系品種とも言われています)。
苗木同士の植樹間隔や、剪定や土壌管理などに技術指導を行ってきました。
生産者にとって高品質なコーヒーの生産には、第一に資金繰りが大きなハードルともなり、第2に投資した成果を上げる生産技術が重要です。
品質やカップクオリティ、またそれに伴う対価だけでなく、次世代へ向けた新たな品種への取り組みは生産者にとっての大きなモチベーションに繋がり、希望を与えるプロジェクトとして芽吹いています。



生産国:コロンビア
農園所在地:ウイラ県パレスティナ、ラ・メンスーラ
農園名:ラ・エスメラルダ農園
農園標高:1720m
品種:ピンクブルボン
生産処理:フリーウォッシュド
生産者:ロビンソン・バンバグエ・シルヴァ