ホンジュラス エル・プラン農園 パライネマ品種 アナエロビコウォッシュド 200g
HEPPAW01

1,080円(内税)

ローストレベル
豆の状態
購入数

コーヒーの発展と継承を
エル・プラン農園は、1930年祖父にあたるコスティーノ・マドリッドによって開拓され、一家代々コーヒーの生産が引き継がれてきました。コーヒー生産事業を次世代に継承するべく、一家は代々、コーヒー産業の発展に貢献する事を目標に、誇りを持って生産に従事してきました。現在は2代目のエステバン・マドリッドと3代目となる息子たちの手によって、2008年のCOE優勝を皮切りにホンジュラスのスペシャルティコーヒーを代表する農園として成長を続けています。

土地がもたらす特徴的な微気候

農園は、サンタ・バルバラ国立公園の北側の麓にあり、特徴的な日照条件・微気候の下コーヒーが栽培されています。山の北側に位置する事からも、収穫は2月に始まり6月までかかると言います。この5か月間に8回の収穫を行うという長丁場の収穫は、中米の最標高のエリアでも1月〜4月という中米のシーズンにおいて、特異な微気候だと感じて頂けるのではないでしょうか。

乾燥はビニールハウスを使用し、3段のアフリカンベッドによるスロードライタイプ。ここで半月かけて乾燥が完了します。現在はこれに加えて、より大きなビニールハウスを増設し、ウェットミルも造り替えました。新設のビニールハウスでは、上部に溜まる熱や湿気のこもりを改善し、船積み後も長期間にわたって品質の劣化が無いように工夫をしています。

パライネマ品種
今回ご紹介しますパライネマという品種は、同国のパライソ県で発生した線虫(ネマトード)による根の被害に耐性の強い品種として生まれた、サルチモールの系統選抜品種になります。近年、病気への耐性を持った品種が、ホンジュラスを支える原動力となり、その品質もCOEに代表されるように各国で評価がされています。

おすすめローストはハイローストでローストいたします。
パライネマ品種特有の柔らかいレモンのような素晴らしいフレーバーを感じます。
また、ゲイシャ種のようなシトリックな酸味も感じます。
お求めになりやすい様に、リーズナブルな価格帯でご提供させていただきますので、ぜひお試しください。

【アナエロビックファーメンテーションについて】
シナモンのようなフレーバーを有したこのプロセス。嫌気性発酵(アナエロビック・ファーメンテーション)とも呼ばれています。
何がされているかというと、イエローハニーやホワイトハニーなどで除去された別ロットのミューシレージとレッドハニー(ミューシレージがまだ付いたパーチメントコーヒー)を1つのタンクに浸けて密閉。ミューシレージの酵素反応によって発生する炭酸ガスの圧力によって、パーチメントコーヒーの中に通常以上のミューシレージ成分を浸透させることが狙いです。ウエストバレーでこの生産処理を行っているルイス・カンポス氏は、15~18時間の密閉状態を作り、このプロセスを実践しています。また、このプロセスの肝となるのは、良い条件で生産・収穫された完全完熟チェリーが2ロット必要な点です。この双方のチェリーが共に良い状態で揃わないと、不完全なミューシレージ成分を付着させる事となり、求めた味わいは再現できないと言います。
この他にも、今年のベストオブパナマで見かけたマンゴーピューレに付けたコーヒーやエスメラルダが二酸化炭素充填で密閉発酵させるカルボニック・マセラシオン(アナエロビコのミューシレージなしのようなイメージ)をしていたり、密閉せずにミューシレージを追加してシュガースイートと呼んだり、様々な独自性の探求が日夜行われています。
(WATARU様より引用)