エル・インヘルト農園 レジェンダリーゲイシャ 100g
GEI02

2,880円(内税)

ローストレベル
豆の状態
購入数

一般価格3000円→2880円
会員様価格2800円→2680円
価格改定いたしました。


エルインヘルトの功績

今やスペシャルティーコーヒーの中で、最も有名な農園の1つであるEl Injerto。その名が世界の表舞台に出たのは、2002年のGuatemala Cup of Excellenceでした。
33農園のWinning farmの内2品目がノミネートされ、一方はデビューでいきなり第三位の座を獲得しました。
華やかさがありフローラルでワイニーなこのコーヒーは、その後も世界中の人々を虜にし、2008年のCOEではついに一位を獲得、ポンド当たり$80.20はGuatemala COEの最高取引価格を樹立しました。

エルインヘルトの歴史

この農園の初代オーナーはヘスス・アギーレ氏、1874年のことでした。彼はさとうきび、タバコ葉などの栽培から初め、1900年にコーヒーの栽培を開始しています。
インヘルトとは、この地に自生していたフルーツから名前を採ったものです。
現在はアギーレ氏の家系である3,4代目が1956年から農園管理にあたっており、名実共に世界随一のコーヒー農園としてその名を知られています。

インヘルトのゲイシャ種

インヘルト農園にてレジェンダリー・ゲイシャと呼ばれる中米産のゲイシャ種。
これは、アギーレ氏がパナマを訪れた際に、友人であるエスメラルダ農園から譲り受けたゲイシャ種で、彼等と種の歴史に敬意を表しレジェンダリーと呼ぶようになったそうです。

レジェンダリーゲイシャもまだまだ若木で、1本の木の収穫量も多くありません。
その為、エルインヘルトでは、農園の高地1800mにある3つの区画でゲイシャを生産していますが、現状はその3つの区画のゲイシャを合わせてようやくマイクロロットが形成できる程度のようです。

この僅かなゲイシャ種には、彼らがP3(ピークパフィーマンスプロセス)と呼ぶ最も手を掛けた生産処理が行われています。
これは、各工程での厳密な手選別や発酵時間の徹底した調整、24時間におけるソーキング。
そして、アフリカンベッドでのスロードライングが挙げられます。同農園でスロードライを実践するために、シェードによる日陰のアフリカンベッドと、グリーンハウスでの乾燥の2つを併用し徹底した乾燥時間の管理が行われています。

こうして彼らの技術の粋を集めたプロセスは、フレーバーの強度が増すとともに、長期にわたって劣化にしくいコーヒーとなり、産地での味わいと同じ品質で我々のもとへ届きます。

素晴らしいゲイシャフレーバーを是非お試しください。

この商品は増量キャンペーン対象外商品です。