ニカラグア リモンシリョ農園 レッドパカマラ デリケートワイニー 200g

1,300円(内税)

ローストレベル
豆の状態
購入数

Limoncilloは隣接するLa Gloriaと姉妹農園で、文字通り2人の姉妹が所有する隣同士の農園です。
1938年に父のエステバン・ムクエワンが購入しLa Gloriaはエテル・ムクエワン女史、Limoncillo農園はマリア・ムクエワン女史の所有となりました。

農園はカフェソル・イ・アグアグループの一員で今やプライベートオークションが行われるほど世界中でその品質が認められているエルウィン・ミエリッヒ氏の農園。
現在は、ホンジュラスにも農園を構え、国内には8つの農園を所有しています。
また、マダガルパにドン・エステバン・ドライミルを所有、COEのヘッドジャッジの経験も持つエルウィン氏。名実ともにニカラグアを代表するスペシャルティコーヒーを生み出している人物です。

リモンシリョ農園は、熱帯雨林を髣髴とさせる山奥の山林に位置しています。美しく管理された木々や竹林、コーヒーの佇まいは、あたかも庭園のような趣き。
シンボルともいえる滝からもたらされる豊富な水資源と湿度がこの農園の特徴的なテロワールである。この農園はエルウィンの父が1930年代に購入し現在のリモンシリョ農園となっている。

エルウィン氏の所有する農園の特徴として1つ、バラエティの豊富さが伺えます。
ジャバニカを代表とし、パカマラ、イエローパカマラ、エチオピア系ゲイシャ、中米系ゲイシャやビジャサルチ、マラゴジッペなど試験的な品種を含め様々な品種が栽培され、ハイブリット品種などにも取り組むバイオロジーな一面を持っています。
ドンエステバンで細かくロット形成が行える強みもあり、こうした様々な品種とニカラグアで初めてのナチュラルプロセスを行った農園として培った技術が、リモンシリョやサンホセ農園に代表されるエルウィン・ミエリッヒ氏の農園の特色です。
また、COEのヘッドジャッジの経験によるナチュラルプロセスに代表されるトレンドに対する味作りが行われている事も同農園の特色の1つだと思います。

この輸出グループはウェットミル、ドライミルにおける丁寧な選別摘果を通して
コーヒーの品質を最大限に引き出すことに重きを置いています。


おすすめローストはミディアムローストです。